会社概要

住まい再考

パリの公園に古民家移築

3年前にフランスの博物館に移築した江戸末期に建てられた木曽開田高原の民家をパリ市内ブローニュの森の中にある公園に再移築しています。管理運営しているルイヴィトン財団などから移築の提案があり、6月上旬から信州の職人4人と社員1名を現地に派遣し、7月末完成を目指して工事が行われています。

パリ市内ブローニュの森の中にある公園
パリ市内の博物館内にあった民家を再移築しています。
職人4人と社員1名を現地に派遣し、工事が進められています。
民家は江戸末期に建てられた木曽開田高原の民家
7月末には完成して一般公開されます。