会社概要

エアサイクルの家

民家の知恵を取り入れた自然通気システム ~空気がめぐる家~

私たちが暮らす日本は春夏秋冬の四季がはっきりしているのが特徴です。 四季の移ろいのお陰で山の幸・海の幸の食べ物や自然の変化を楽しむ恩恵を受け、世界でも例のない日本独自の文化を生み出してきました。 一方、日本の住まいは「高温多湿の夏の暑さ」と「厳しい冬の寒さ」という相反する季節に対応していかなくてはならない課題がありま す。

日本人は昔から優れた方法をもって季節への備えをしてきました。その知恵が詰まっているのが昔の「民家」です。 たとえば、茅葺は茅という断熱効果の高い材料で覆われているため夏の強い日差しを遮り、冬は暖気を閉じ込める効果があります。 また、高温多湿の夏の対策として「石場立て」の基礎があり、通風を良くし地面からの湿気を外部へ逃がす効果があります。
徒然草の一説「家の造りやうは夏を旨とすべし」とあるように日本の家は通風に重きを置いて造られてきました。それほど高温多湿は家 にとって大敵なのです。

ここ信州でも気温が35°Cを超える日もめずらしくなくなりました。日本の家の弱点でもある寒さ対策として「外張り断熱工法」を採用し、 昔の民家の知恵を活かした機械に頼らない自然通気システムにより「冬の寒さ」と「夏の暑さ」に対応した日本の家造りが大切です。


【日本の気候風土に合った昔の民家】



壁の中の空気を自然のチカラで動かす仕組み。
夏は涼しく。冬は暖かく。夏と冬の切替ができる家。





【コラムベース基礎】
床下の風通しをよくして、強い基礎をつくる。
耐震性能の維持にも役立つコラムベースです。


【風通しのいい昔の民家の基礎】