会社概要

お客様の声

築126年、先祖から大切に受け継がれる元旅籠。

木曽 宮ノ越宿。先祖から大切に受け継がれる元の旅籠が宿場の佇まいを甦らせました。築126年の元旅籠(となりや)は宮ノ越に宿場が誕生した1630年頃に開業し、1945年まで約300年間営業していました。

お施主様のブログはこちら【画廊となりや】



※ 掲載写真は取材時および施工時に撮影したものです。

1884年建立した民家は一度すべて解体され、構造材・柱材・造作材・階段材・建具・欄間などが丁寧に取り出され、熟練した職人の手によって再生されました。


<主な仕上>
外壁:漆喰塗り(一部、リシン吹付)、杉板張
内壁:漆喰塗り、ジュラク塗り等
床:栗無垢フローリング、桧無垢フローリング、唐松無垢フローリング
天井:無垢杉板、杉練付板等



通り沿いに建っていましたが、前面に駐車場を設けるため、通りから6m程離れて再生されました。
工事の様子はここをクリックしてください








再生前、玄関にあった格子戸は新しい家でも玄関正面にあります。












宿場町特有の出桁造りの民家


幅約1.4mの階段。材料はそのまま新しい家に使用しました。
材料は今では得難いサクラで造られていました。










上座敷。床まわり、書院の材料はそのまま新しい家で使いました。






2階で使われていた棚間は場所を変えて、吹き抜けに使われています。






元の玄関の建具を食堂と居間の間に入れています。













吹き抜けに面した2階の寝室


2階の書斎には昔の太い梁が現われています。


「画廊となりや」のギャラリーとして使われる予定の2階ホール

上越の古民家が信州安曇野で蘇る

安曇野市にお住まいのTさん(60歳代)は昨年、念願であった古民家移築再生工事を完成されました。
移築したのは新潟県上越市にあった築120年の古民家。
ケヤキなどの太い柱や幅60cmの差鴨居などからなる力強い民家でした。
完成したTさんのご自宅でお話をお聞きしました。



※ 掲載写真は取材時および施工時に撮影したものです。
古民家の材料を使い、職人の手によって再生した民家は本物志向で作られています。

<主な仕上>
外壁:漆喰塗・杉板張
内壁:漆喰塗、ジュラク塗・杉板
床:栗無垢フローリング、松無垢板、畳
天井:漆喰塗、杉板張

■古民家で家を建てようと思われた理由は何ですか。

元々、両親の実家は山形県米沢市と南陽市にありまして、茅葺の昔ながらの民家でした。
子供のころから祖父の家によく入り浸っていました。そのころの思い出が心の根底にありましてね、40歳代になった頃から古い民家に魅力を感じ始めていました。
そして決定的だったのは岐阜県の福地温泉にある「長座」という温泉旅館に泊まったことでした。そこは古民家を移築した旅館でして、太い梁や柱の迫力に圧倒されました。
この時、いつか古民家で家を建てたいと強く思い始めました。それが40代の後半でした。

■Tさんにとって古民家の魅力とは何ですか。

私は数寄屋のような上品なものより素朴で力強いものに魅かれますね。古民家は素朴で安心感がありますよね。とても落ち着きますし、なつかしさがあります。これも子供頃に過ごした祖父の家の思い出がベースになっていると思います。
この間、中国人の知人がこの家に来たんですが、中国にはこんな建物はないといって、感心していました。
日本人なら誰でも古い民家には魅力を感じると思いますよ。

■移築するに際してこだわった点はありますか。

はじめは父の実家のある米沢で古民家を探していました。米沢は江戸時代には上杉藩でして藩主の上杉鷹山は江戸時代に米沢藩の藩政を「質素と倹約」で建て直しに成功した名政治家を輩出した地です。そんな影響もあって古い民家はどちらかと言えば杉材などで造られたものが多かったんです。
そこで新潟などの他の地域でも古民家を探しましたが、こだわったのは材料の質と力強さです。ケヤキのきれいな目などにはこだわりましたね。

解体前の上越の古民家

厳しい風雪に耐えてきた外観

巾60cmあまりの差鴨居

家を支えてきた巾50cmあまりの大黒柱

昔の職人の高い技術が各所に伺えます


■完成していかがでしたか。

- イメージ通りの家になりましたか。 -
自分が思い描いたとおりの雰囲気になり、心から満足しています。唯一、残念だったのが敷地の関係で思うように広さが取れなかったことです。こればっかりは仕方ありませんが・・・。
家の出来には大変満足しています。

- 住み心地はいかがですか。 -
一番心配していたのは木造の軸組工法で、しかも古材をふんだんに使う家なので寒さが心配でした。でも出来上がってみたら今住んでいるパネル工法の輸入住宅より暖かくてビックリしています。(床・壁・天井には断熱材を敷き込んでいますが、床と天井には2重で断熱材を入れています。)
とにかくこの家にいると落ち着きますし、冬も暖かくて快適で最高に満足しています。

■山共建設に施工を依頼された理由をお聞かせください。

古民家で家を建てようと思ってから設計は降幡設計さんにお願いしようと決めていました。山共建設は近くにあり、実績もあったので候補の一つでしたが、各所も色々の工務店の仕事も見てきました。他の工務店の仕事と山共の仕事と見比べたんですが、仕事がぜんぜん違いましたね。細部まできちんしてましたし、古い材木だからといっても雑なところがありませんでした。仕事の内容に妥協を感じませんでした。実績もさることながら仕事の質の高さを見てお願いしようと決めました。



■山共建設の仕事・職人・現場監督等はいかがでしたか。

とにかく、きっちりと仕事をしてもらいました。以前、住んでいた家は完成して1年位で床が沈んだりして不具合がありましてね。そんな心配はもちろんありませんでしたが。
とにかく山共の職人さんの技術はすごいと思います。
とくに年配の職人さんたちの仕事に対する意識の高さには驚かせられました。
こんなことがあったんです。石張りのお風呂にしたんですが、職人さんが石を張り終わってから「これでは山共の会長に見破られる」と言って、いきなり壊し始めたんです。
誰が見てもきれいに張れていて、差金を当てても狂いはないんですよ。
それなのに「会長に言われてから直すのは嫌だ」と言うんです。
私はこのままで充分だからと言ったんですが、結局壊してやり直しました。
これには、本当にビックリしました。

実は私は工事が始まってから仕事をリタイアしたんです。長年一生懸命に働いてきたし、もういいと思っていました。でも、年配の職人さんたちの働く姿を見て刺激を受けて、もう一度働こうと思ったんです。ちょうどその時に仕事の誘いがあって今も現役で働いています。やはり家にいるより働いていた方が楽しいですよ。生涯現役で頑張りたいと思っています。

現場監督の村山さんもしっかりやってくれましたし、お陰で楽しく工事を見守ることができました。
山共さんにはこれからも高い技術を守って仕事を続けていって欲しいと切に願っています。

いい建物ができるには職人の技術と施主様と施工側の信頼関係が不可欠です。
Tさんの仕事に対するご理解や思いが職人や施工側に伝わって気持ち良く仕事をさせていただき、
いい建物が出来上がりました。
信州安曇野で蘇った民家はTさんのお人柄を表すかのように、おおらかで落ち着きがあり、どっしりとした安心感のある家です。


※ 取材日時 2009年10月

お客様に聞く - Kさんご夫婦(長野県 安曇野市)


古民家を再生したKさんの母屋が完成してちょうど3年目を迎えた6月、今は大きなテーブルが置かれた、かつて囲炉裏のあったお部屋で、お話を伺いました。


(地域:安曇野市明科
家族構成:ご主人様65歳  奥様62歳
(離れに)息子さん37歳・お嫁さん37歳・お孫さん9歳(女)・5歳(女)
築年数:約150年前
お引渡し:平成18年6月

※ 掲載写真は取材時および施工時に撮影したものです。
もくじ
1.もったいない、壊したくない、古民家再生のはじまりはそんな思いから…。
2.最初は正直、不安でした。
3.古民家の「財」を生かすも殺すも職人の腕次第。
4.モダンで便利になっても、古き日本家屋の良さが生きる住み心地。

■もったいない、壊したくない、古民家再生のはじまりはそんな思いから…。

- 古民家再生を決断された経緯をお聞かせください。 -
古民家再生を決断したのは、約150年、4代引き継いだ家がそろそ限界を迎えたことでした。先代の時代から増築や改装を何度かしてきましたが、住み続けるには限界に達していました。しかし家族の長い歴史や思い出の多い家をつぶすことは忍びないと思い、なかなか新築に踏み切れずにいたところ、偶然、古民家再生セミナーの新聞記事を見つけたんです。それまで古民家再生という言葉さえ知りませんでしたが、とにかく惹かれて行ってみたところ、降幡廣信さんのお話しを聞くことができました。早速、家を見ていただいたところ強く再生をすすめられました。モノを大事にしたい、壊したくないがなんとかしなくてはいけないという自分の思いと降幡さんのお考えがぴったりと合いました。

- 山共建設をお選びいただいた理由はなんでしょう? -
施工を山共さんにお願いしたのは、山共さんで家を建てた友達がいて、そのいい評判を聞いていたのが決め手でしたね。山共さんが手掛けた家を何軒か案内していただき、安心してまかせられると実感しました。

■最初は正直、不安でした。

- 長年、土木工事のお仕事をされていたKさんですが、再生工事はもちろん初めてということで不安もあったようですね。 -
私は土木には詳しかったので基礎工事の時は厳しい現場監督でしたよ(笑)。基礎工事もきちんとやってくれました。でも再生工事は知らなかったので建物が骨組みだけになった時は少し不安でした。私の兄弟が見に来たのですがこのまま壊して新しく建て替えた方がいいんじゃないかと言われたくらいです(笑)。でも完成してからは骨組みを見て不安そうにしていた兄弟も、この家で親戚の集まりがあるたびに思い出のある家が残り、みんな大変喜んでいますよ。

■古民家の「財」を生かすも殺すも職人の腕次第。

-山共建設の施工はいかがだったでしょう? -
若い大工さんでしたが腕もいいし、とにかく毎日毎日一生懸命やってもらって…、仕事の後は掃除もしっかりしてありましたね。左官屋さんも上手で、よくやってくれて…なめらかに塗ってくれました。組み立てるだけですぐ建っちゃう家もあるけど、うちはじっくりやってもらったから安心です。現場監督の伊藤さんも最初から最後まで一生懸命に対応してくれました。

お施主様の家への気持ちが大工に伝わると、自然と熱が入るのも事実です。古民家を再生する家は、昔ながらの職人、それも腕のいい職人の手が不可欠です。

■モダンで便利になっても、古き日本家屋の良さが生きる住み心地。

- 再生したこの家で、その後どのようにお過ごしですか? -
この部屋では、普段仕事に忙しい離れの息子家族と記念日を祝ったり、友達や親戚とお酒を飲んだりして楽しんでます。息子にとっても、この母屋はこどもの頃から慣れ親しんだ思い出の場所ですからね。普段は二人の孫が離れからしょっちゅうやってきて走り回る場所でもあります。
家が再生された後に亡くなったおばあちゃんも、新しい家の完成を心待ちにしていて、再生した家で100歳のお祝いを行うことができました。普段口数の少ない人でしたが、新しい家ができるまでは死ねないとよく言っていましたね。完成したときはとても喜んでくれました。

- ご家族の思い出はどんな所に残っていますか? -
下座敷は兄弟で勉強した部屋です。同じ場所に同じように部屋が残っているのも古民家再生の良さですね。ほかにも差し鴨居、書院など、いろんなところに家族の思い出と歴史が残っています。私の父が増築した部分は取り壊しましたがいい木材が使われていたということで、その木は玄関に使ってもらって残っています。

- ご家族さまの住み心地はいかがでしょう? -
前は畳の下から風がふきあげ、たいへんに寒かったですが、床・壁・天井に断熱材も入り、サッシも断熱性の高いものなので、とても暖かいですね。柱や建具の黒い色も落ち着きます。以前は日の当たらなかった部屋も窓を設けて明るくなりました。夏涼しい昔の家の良さも残っています。昔の趣を残して再生したので家を新しくしたことが気付かれないくらいでしたよ(笑)。

- この家は女性の方にとってはいかがだったのでしょうか。 -
ほとんど設計の方にお任せでしたね。古民家再生と言っても、水廻りなどの設備は最新のものを入れて大変便利になりました。とても使いやすいですよ。以前は日がほとんど当たりませんでしたが、明るくなりましたし、孫娘がいつも離れからやってきて、走り回ってとにかくにぎやかなんです。(奥様談)

Kさんは職人を大事にしてくださるだけでなく、棟上げでお餅をまかれたり、ご近所とのつながりも大切にされており、古い家への想いとともに、このお宅が最初に建った頃から受け継がれる人とのつながりもたいへん大事にされている施主様でした。
お話を伺ったのは梅雨の合間の暑い日でしたが、開け放った窓から家中に吹きぬける爽やかな風。離れに住むお孫さんが再生された廊下を自由にかけまわる姿をKさんご夫妻が目を細めて眺めてらっしゃるご様子に、この家の明るい未来を見た気がしました。



左から降幡建築設計事務所 川村さん、ご主人、奥様、お孫さん、山共建設 降幡

お忙しい中、ありがとうございました。

※ 取材日時 2009年6月

お客様に聞く - Mさんご夫婦(長野県 安曇野市)

M邸は昭和40年代におじいさまが建てられた家を2年前二世帯住宅に改築しました。一軒の家の中がご両親と新婚のご夫婦のスペースに完全に区切られています。今回は新婚のご夫妻のお住まいでお話を伺いました。


地域:安曇野市穂高
家族構成:ご主人様31歳  奥様31歳
(同じ住宅内の完全に区切られたお隣に)お父さま(68歳)・お母さま(60歳)
お引渡し:平成19年12月

※ 掲載写真は取材時および施工時に撮影したものです。
もくじ
1.話合いの中、じいちゃんが建てた家を残すことはごく普通に決まりました。
2.確信をつく棟梁の言葉と、 重ねたコミュニケーションで生まれた様々なアイディア。
3.両親とのちょうどいい距離を保ちつつ、コンパクトにすべてが揃う心地よい空間。

■話合いの中、じいちゃんが建てた家の残すことはごく普通に決まりました。

- 改築を決断された経緯をお聞かせください。 -
改築を決断したというより、結婚を機に家をどうするか山共さんに相談したら、「家を残そう」というプランであっさり意見がまとまりました。じいちゃんとばあちゃんの思いのある家を残せるなら残したい、叔父や叔母が帰った時もうれしいのではないか?そんな気持ちもありました。山共さんと方針が決まると、そこからはまったくブレずに進んでいきまいした。(ご主人様)

- 山共建設をお選びいただいた理由はなんでしょう? -
山共さんの名前は前から知っていましたが、じいちゃんが建てたこの家も実は、山共さんで建てたものと聞いて驚きました。両親も山共さんのことは知っていたし、ご近所も山共さんで建てた家がいくつかあったので、不安はなかったですね。(ご主人様)

山共建設の設立は1921年。戦前から長野県中信地区を中心にたくさんのお宅を施工し、たくさんの方々のご信頼をいただいております。

■確信をつく棟梁の言葉と、重ねたコミュニケーションで生まれた様々なアイディア。

- 山共の施工はいかがだったでしょう? -
社長がずっと来てくれたので心強かったですね。打合せは必ず夫婦揃ってしました。(ご主人様)
設計を担当してくれた方が女性だったので、話しやすかったです。すごく短い期間で建ってしまう家もありますが、うちはじっくり時間をかけて造ってもらいました。棟梁がとても丁寧な方で本当によかったです。(奥様)

-施工中はお茶をいただいたり、お話をきかせていただきありがとうございました。職人の腕はいかがだったでしょう? -
左官屋さんが塗ってくれた漆喰の壁はものすごくツルツルで、腕がいいなあと思いました。住宅メーカーに勤めていた友人が遊びにきた時「すごい漆喰だね」とビックリしていました。(ご主人様)
お義母さんがいつもお茶をだしてくれたり、わたしも時間があるときはまめに顔をだして棟梁と話をしてるうちに、すっかり仲良くさせてもらって、いろいろアドバイスしてもらいました。棟梁は毎日現場に来ているので、曇った日や雨の日の我が家の状態もよくご存知で、「晴れの日ばっかりじゃねーから、天窓があったほうがいいぞ」といってくれて…。それでついたこのキッチンの天窓は今とても気に入っています。(奥様)
そんなふうに現場での変更が多かったんですが、村山さん(山共担当者)と棟梁の仲がよかったので、急でもすぐ受け入れてもらって有難かったです。他ではこうはいかなかったかもしれませんね。(ご主人様)

-こだわった点は? -
システムキッチンの赤い色にはこだわりました。棟梁は「なんだこれ!」って驚いてましたが(笑)。キッチンテーブルも棟梁が作ってくれて、カラトリーが入る引き出しはすごく便利です。この家は棟梁が作ってくれた造りつけのものばかりで、家具はほとんど買ってませんね。(奥様)
あとは自分が背が高いので、鴨居の位置を10センチ高くしてもらったのは嬉しいですね。 (ご主人様)

■両親とのちょうどいい距離を保ちつつ、コンパクトにすべてが揃う心地よい空間。

-住んでみていかがですか? -
友人が来るとみんな「何だか落ち着くね」って言うんです。友人の子供たちはなぜか家に来るとみんなおとなしくなるんですよ。(笑)(奥様)
夜は大きな蛍光灯はなくて、間接照明のような黄色の明かりだけなので、さらにリラックスできます。旅館にいるような気分ですね。(ご主人様)
コンパクトな空間なので、ストーブ1個か、エアコンをちょと入れれば間にあってます。夏涼しく、風通しがいい、昔の家のよさは残っていますね。(ご主人様)
平屋に憧れがありました。ここはコンパクトでとても気に入ってます。(奥様)

-ご家族の思い出はどんな所に残っていますか? -
広かった縁側は居間の一部になりました。昔の柱も各所に残っていて思い出があります。もちろん庭の景色は小さいころのままですし…。自分が学習机に使っていた松本民芸家具のライティングビューロも、シールや何かをはがして、ここで使っています。 (ご主人様)
おじいちゃん、おばあちゃんが使っていたテーブルやおじいちゃんがどなたかからいただいた朝鮮の家具もこちらに持ってきました。昔使っていたものが
すんなりよく馴染みますし、とても気に入ってます。(奥様)

-完全に中で区切られた二世帯住宅というのはいかがでしょうか? -
完全に仕切られた空間ですが、お隣同士しょっちゅうお鍋をもっていったりきたりしています。旦那の帰りが遅い時も、となりにお義父さんとお義母さんがいてくれると思うだけで安心ですね。「今日は夕飯○○だけどいっしょに食べる?」なんて誘ってもらったり、すごくいい距離が保てていると思います。友人や実家の家族が気兼ねなく遊びにこれるのもいいですね。お風呂は共用という二世帯住宅も多いと聞きますが、うちはお風呂も別にあるし、生活のペースが違っても気兼ねない生活ができています。いつでも改築でつなげようと思えばつなげられるし、将来子供ができたりいろいろ生活が変わっても、選択肢があるので安心だし、未来がある家だなあと思います。(奥様)

-お父様、お母様はどんなご感想でしょう? -
家づくりについてはお義父さんとお義母さんがいろいろ教えてくれました。床下収納なんかもお義母のアドヴァイスです。二世帯住宅に関しては私は一つの家でもよかったけど…(奥様)
父や母はじいちゃんばあちゃんと完全な同居で、苦労とまではいかなくても大変な面もあったのか、そういう経験から自分たちから完全な2世帯にと言ってくれました。外からは完全な同居に見えますけど…(笑)。叔父や叔母が見に来た時も、あそこは仏間だった部屋だとか、あそこの柱はねー、なんて話になり、そのときは本当に改築してよかったなー、古いものを残すのは本当に大事だなーと改めて思いました。新築ではそうはいかなかったかもしれませんね。(ご主人様)


いい家が出来るには施主様と現場監督さんや職人さんとのコニュニケーションの良さが不可欠だなと感じました。ご夫婦そしてお父さまお母さまが皆で心地よい距離を保ちつつも仲のいい様子が伺える、たいへん爽やかなご家庭でした。

お忙しい中、ありがとうございました。

※ 取材日時 2009年7月